一日に必要な量を摂取できる葉酸サプリメント

妊娠前~妊娠初期にかけて、葉酸は特に必要な栄養素として厚生労働省で摂取を勧められています。
その理由は葉酸には、乳児の神経管閉鎖障害のリスクを低減させる効果があるといわれています。
妊娠初期の女性に一日に必要な葉酸の摂取量は400μgとされています。
葉酸は、水に溶けやすい水溶性のビタミンのため、日常の食事から400μgを摂取するのは現実問題難しい面があります。
一日の必要量を野菜だけでとろうとすると、約350グラムの野菜を食べなければなりません。
しかし、料理方法や野菜の種類によっては、それ以上の量が必要になる可能性もあります。
そんな時に、葉酸サプリメントなどの栄養補助食品を併用することで、手軽に葉酸を必要量摂取することが可能となります。
葉酸サプリメントですと、一日に一粒または二粒などの少量で必要な葉酸を摂取できます。
注意点としては、妊娠中・授乳中の葉酸の上限摂取量は1000μgとなっています。
葉酸サプリメントを過剰摂取したからといって、効果があげるわけではありませんし、副作用などの逆効果がでる可能性もあります。
手軽な葉酸サプリ おすすめですが、きちんと一日の摂取量を守って、安全に使用する必要があります。

Read More

葉酸サプリを個人輸入する際のチェックポイント

葉酸サプリは、特に妊娠中や授乳中の女性には必須の栄養素ですが、胎児や赤ちゃんの健康のことを考えると、安全な葉酸サプリを服用することが大切です。そのためには、100%天然素材由来の製品を選ぶことです。天然成分ならば吸収率もよく、いわば食べ物と同じです。日本国内にもその様な葉酸サプリは製造されていますが、アメリカから個人輸入で購入することも出来ます。葉酸サプリをアメリカから個人輸入する際に気をつけるべきチェックポイントは、アメリカ食品医薬品局の製造認可を受けている工場で生産されていることです。もちろん、天然素材100%であることも確認しなければなりません。また、それだけではなくて、成分表示が細かく書かれてあることも大きな安心ポイントとなります。ビタミンAやビタミンEは、妊娠初期に過剰摂取することは避けなければなりませんが、成分表示が細か書くかかれていれば、それらのビタミン類の含有量も把握することが出来ますので、毎日の食事とのバランスをとりながら服用することができます。チェックポイントとしては、葉酸サプリが一錠の中に、葉酸がどの程度の量が入っているのか表示されていることです。妊娠中の女性に推奨されている葉酸の摂取量は一日400マイクログラムですから、一錠の中に何マイクログラムの葉酸が含まれているかがわかれば、毎日何錠摂取しなければならないのかもはっきり分かります。

Read More

太る体に葉酸サプリが有効!?

ただ単に体重を減らすだけじゃなくて、健康的にダイエットしたいという方も多いと思います。
どんどん太る体をとにかく食い止めるためにひたすら減量するというのではなく、健康的に美しく、体型をしっかりバランスよく整えながらダイエットしたいと願うのが理想でしょう。
実はそれを達成するのに有効なサプリメントがあります。
それが「葉酸サプリ」ということになります。
葉酸サプリはすでに健康食品の世界では有名ですが、太る体を健康的に美しくダイエットさせるのに有効的です。
赤血球や胎児の成長における重要な働きもする葉酸には、文字通り血を作る機能をサポートする働きがあり、これは長期的な健康増進に大きく貢献する要素といえます。
造血機能が強化されることで絶えず健康的な血が体の中を行き巡ることになり、必要な栄養摂取、効率的なデトックスも行われやすくなるのです。
また、妊婦にとっては胎児に起こる神経管閉鎖障害を心配する人もいると思います。
葉酸にはそうしたリスクを低減させる栄養素も含んでいますので、この点でも心強いサプリメントといえるでしょう。
ダイエットから胎児の保護までマルチな役割を担う葉酸サプリは、今後ますます注目される存在となります。

Read More

葉酸サプリの健康効果を高めるにはトマトが有効!

葉酸サプリは、動脈硬化の原因となる活性酸素を血管内で発生させるホモシステインの代謝のために必要な葉酸を効率的に摂取できる健康食品ですが、ホモシステインの代謝には、葉酸と一緒にビタミンB6とビタミンB12が必要なので、葉酸サプリで葉酸を摂取する場合には、他の食品でこれらの栄養素をしっかりと補う必要があります。

ビタミンB6は肉や魚に多く含まれていますが、積極的に取ろうと思うと脂質やカロリーが多くなりがちです。
トマトには、ビタミンB6が多く含まれており、低脂質で低カロリーのヘルシーな食品なので、たっぷり食べてビタミンB6を補給できます。
また、リコピンやビタミンE、ビタミンCなどの抗酸化物質も多く含まれているので、血管を老化させる活性酸素そのものを除去して、葉酸サプリの動脈硬化の予防効果をさらに高められるのも魅力といえます。

一方、葉酸は赤血球をつくるために重要な物質であり、高血圧の予防効果が高い栄養素でもあります。
トマトには、血中の余分なナトリウムの排出に必要なカリウムがたっぷり含まれており、血圧の安定に必要なマグネシウムや鉄、カルシウムなどのミネラル類も豊富なので、葉酸サプリの高血圧予防効果をさらにアップさせる効果が期待できます。

このように、葉酸サプリの健康効果を高めるには、トマトを一緒に食べることが効果的といえます。
忙しくて満足な食事が摂れないときには、トマトジュースなどを活用して毎日確実に摂取することが大切です。
ただし、ジュースには塩分が多く含まれているものもあるので注意しましょう。

Read More

葉酸サプリはpmsにも効果がある

女性を悩ます体の悩みの1つにpmsがあります。pmsとは月経前症候群とも呼ばれ、生理が始まる2週間ほど前よりその症状を表してきます。体の不調としては頭痛や便秘や下痢、眠気や食欲の乱れ、手足のむくみなど人によりその症状の現れ方も程度も様々ですが、一番に悩まされるその要因は、イライラしたり、興奮したりの攻撃的な動きを見せたかと思いきや、一人になりたかったり、不安が強くなったり、やる気を失ってしまったりと、やはり精神面での不調が現れるといった点が大きく、女性達の日常生活の支障にもなっています。
妊娠している女性や妊娠をこれから望む女性に摂取が勧められている葉酸サプリは、そういったpmsの改善にも大きな効果を表すことがわかっています。pmsを持つ女性が葉酸サプリを取り入れたところ、生理痛が緩和した、生理前のイライラがなくなったなどの声が多く聞かれています。胎児の大切な器官を作るのに欠かせない葉酸は、女性の体と心にも働きかけ、貧血を予防したり、体内で血の巡りをよくして冷え性を改善したり、精神を大きく安定させたりといった働きをしてくれるのです。
まだ妊娠する予定がない方でも、ぜひ葉酸サプリを生活に積極的に取り入れてみて下さい。

Read More

妊娠してから葉酸サプリメントを摂取しても遅い

妊娠期に重要な栄養素として、妊娠されている方向けに多く出回っている葉酸サプリメント。
しかし、妊娠に気付いてから葉酸サプリメントを摂取し始めても遅いです。
妊娠期に最も葉酸が必要なのは、妊娠が成立してすぐの第一週です。
その時期に葉酸が不足すると、神経管閉鎖症害を起こして最悪の場合死に至ります。
女性が妊娠に気が続くのはもっと後で、妊娠第一週に妊娠に気付くことはまずありません。
妊娠してから葉酸サプリメントを摂取すればいいと考えていては遅いのです。
そのため、葉酸サプリメントには妊娠されている方だけでなく妊娠を希望される方にも摂取するよう書かれていることが多いです。
妊娠に気付く前から摂取することが大切な葉酸ですが、妊娠に気づいてから摂取しても意味がないわけではありません。
神経管閉鎖症害のリスクが最も高いのは妊娠第一週ですが、その後もリスクがまったくなくなるわけではありません。
なにより、葉酸が不足すると無脳症のリスクが高まります。
母体の健康だけでなく、胎児の健康を守るためにも葉酸は必要不可欠な栄養素です。
妊娠期以外でも、葉酸の欠乏は心臓病や大腸がん、子宮頸がんのリスクを高めてしまいます。
葉酸は全ての人の健康に必要不可欠です。

Read More

葉酸サプリを飲むのにおすすめの時間

葉酸サプリを利用している妊婦さんは多いでしょう。葉酸はカラダを機能する上で欠かせないビタミンの一種ですので、妊婦さんだけでなく一般の方、また男性にも摂取が進められています。
ほうれん草などの緑黄色野菜に含まれる葉酸ですが、野菜不足といわれる現代、なかなか食品だけで摂取するのは難しいので、葉酸サプリなどを利用して上限量を超えないように利用したいところです。
そこで気になるのが、葉酸サプリを摂取する時間についてです。
サプリは薬ではないので、服用量の記載はあっても、飲む時間については触れられていないものが殆どでしょう。
いつ飲んでも問題はありませんが、少しでも吸収力を上げたい場合は、服用の時間を少し工夫してみると良いでしょう。
葉酸は水溶性ビタミンですので、カラダに吸収されない分は定期的に体外に排出されます。ですので、一日の服用量を1回で飲むのではなく、数回に分けて摂取すると良いでしょう。
また、ビタミンB12やビタミンB6と同時に摂取することで相乗効果が期待できますので、食事と一緒に摂取するのが理想です。
ですので、一日の服用量が3錠だとしたら、一日3回、毎食後に1錠ずつにすると、定期的に摂取できて吸収の効率も上がりますのでおすすめです。

Read More

妊娠後期にも葉酸サプリメント

妊娠初期に大切だと言われる葉酸。
特に、まだ妊娠に気付かない第一週目の摂取が重要だと言われています。
そのため、葉酸サプリメントは妊娠中の方以外にも妊娠希望の方にもオススメされています。
しかし、妊娠初期を過ぎたら摂取しなくてもいいというわけではありません。
確かに神経管閉鎖障害のリスクは妊娠初期の方が高く葉酸が欠乏しないように注意が必要ですが、妊娠後期になれば神経管閉鎖障害のリスクがまったくなくなるというわけではありません。
神経管閉鎖障害は重症化すると死にも至る恐ろしいものですから、母体と胎児の二人の命を守るためにも葉酸の摂取は心がけなければなりません。
また、葉酸の欠乏症は無脳児の発生リスクを高めてしまいます。
そのため、妊娠初期中期後期問わず葉酸の摂取を心がけてリスクを減らす必要があります。
葉酸はレバーや緑黄色野菜、果物など一般的な食材にも多く含まれています。
しかし、葉酸は調理や長期保存によって失われやすい栄養素でもあります。
葉酸の摂取には新鮮な生野菜や果物が適しておりますが、故に必要なだけそれらを摂取するのは難しくもあります。
そのため、日ごろの食事で不足する分は葉酸サプリメントで補充するのが良いでしょう。
葉酸サプリメントは母子の健康のために欠かせません。

Read More